So-net無料ブログ作成
検索選択

つくばの病院へ転院 [不妊治療]

小学校時代の親友の話や評判からつくばのMビルに入っている病院へ転院することにした月。

8月下旬の初診では夫の都合がつかなかったので、一人で行きました。

まず、看護師さんにこれまでの経過や治療について話しました。

これまでの病院であれば、次の周期から採卵に向けての治療が始まるのですが、 ここでは先ず夫婦2人でセミナーを受けなくてはいけないうえ、採卵は早くて12月になってしまうとのことでした。

この日は血液検査と内診。

血液検査の結果は異状なし。

月の子宮には筋腫やガンはないそうです。

とりあえず、これだけでも安心かな。

先生とも今後の治療について話しました。

・12月まで時間がもったいないということであれば、以前の病院で採卵と移植をし、2か月おいてからこの病院で次の治療をする

または

・12月までは人工授精を試みる

という治療計画について話しました。

もちろん月だけでは決められないことなので、この話は持ち帰り。

とりあえず、排卵付近で一度チェックをしてもらうことになりました。

その日が丁度セミナーの日と重なりました。

月のホルモン数値は年齢の割には良いそうなので、まだ希望は十分あると言ってもらえて本当にうれしかった。

その晩、治療法について夫と話し合ったのですが、他の病院で採卵と移植をして失敗した場合、2か月しか子宮を休める時間がなかったら、これはかなりリスクが高い。

なので、12月の採卵までは人工授精を試みることに決めました。

そして、9月のセミナーの日。

まずは午前中に月の卵胞チェックと、夫の血液と子分の検査。

月の卵胞はかなり良い状態だったので、もし夫の子分が採取できればこのまま人工授精をしてしまおうと話がまとまりました。

夫の血液検査の結果は問題なかったのですが、実は子分のデータがこの日はかなり悪かったのです。

残念ながら、人工授精は見送られました。

更に追い打ちをかけるように、この数値ではこの病院のスタッフの数で対応が出来ないと言われてしまいました。。。

数値は良い時と悪い時があるので、今回の結果だけでは何とも言えないけど毎回採取して検査するのでは、データが悪かった場合は無駄にお金がかかってしまうのでお勧めできないと。

これはかなりショック。

夫も落ち込んでしまいました。

では、治療はもうあきらめるしかないの???

うつむいてしまった夫と月に、先生は東京の有名な病院を紹介してくれました。

月も知っているくらい有名な病院です。

・現在の不妊治療の技術のレベルはどの病院も変わらない

・電車1本もしくは車で通院が可能な病院が近場にあった

・こんなに有名なら予約だってなかなか取れないだろう

と、こんな理由で敬遠していた病院に、結果的には行くことになりました。

 

 

午後は夫と一緒にセミナー。

もはや受ける意味はあるのだろうか・・・?と思いましたが。

 

排卵された卵子は卵管へと取り込まれるのですが、実は卵管がキャッチし損ねてる事があるということを初めて知りました。

妊娠の仕組みについてはほぼ理解していると思っていたのですが、まさか卵子が迷子になることがあるなんて思いもしなかったので、ものすごく驚きました。

健康な女性で3回に1回は失敗するんだそうです。

若い健康な女性でさえそうであるというのなら、月は・・・?

あと、新鮮胚ではなく一度凍結した受精卵を、母体が良い状態の月に移植するほうが確率が上がることも初めて知りました。

それから、この病院での年齢別の妊娠成功数を見たら、43歳(40歳の時の採卵で)が最高年齢でした。

月の45歳は0件!

絶望的!!

夫も月も顔面蒼白。

 

自分で「最後の治療はこの病院で」と決めたところで受診できなくなりましたが、Aレディースクリニックの先生には

「ここはいい病院だからね。希望を持っていいと思います。もし、いやだと思ったらいつでも戻ってきていいからね。」

前向きになれる言葉をもらえました。

月が一番欲しかった言葉です。

夫は「ここの先生が一番わかりやすかった」と言っていました。

そうだね。

ここの先生、信頼していいと思えたよね。

残念だけど、次行こう!


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。