So-net無料ブログ作成
検索選択

採卵 [不妊治療]

採卵2日前の指定時間に点鼻薬。
前日は決められた時間に病院へ連絡し、来院の時間を確認。更に決められた時間に2回座薬を使用。
クリスマスイブの朝6時前に出発。
いつも大事な時に付き添ってくれる夫は残念ながら、今回ばかりはどうしても来られない。
ものすごく不安な気持ちでしたが、どうしようもない。
指定時刻は8時15分でしたが、実際に採卵が始まったのは10時過ぎ。
待っている間は恐怖で泣きそうでした。
採卵の為に入った部屋には、カーテンで仕切られた休むためのベッドがたくさん並んでいます。
緊張の為に血圧はいつもより更に上がってしまいました。このままでは採卵してもらえないかもしれない。
着替えてじっとベッドに腰掛けている間、ずっと「大丈夫。採卵できる」って言葉にしていました。言葉には魂が宿るといいますから、月はなるべくマイナスな言葉は口にしないことにしています。
名前を呼ばれて採卵室の前で待つ間、本当に不安だった。
採卵室にいたのは医師と数人の看護師さん。
今回は手を拘束されなくてそれだけでも精神的苦痛は減少です。
モニターには卵巣が見えています。
針が刺さった時はやはり痛みはありましたが、ペンチで掴まれる程度で捻りが入らず、それだけでも楽な気がしました。
モニターを見ていると、卵胞がどんどん小さくなっていくのが見てとれました。
台から降りてオペ室から出たら、ホッとして泣けてしまいました。
それからしばらくベッドで休んで、止血の為のガーゼを抜いたのですが、これが引っ張っても引っ張っても、なかなか全部抜けない。まるでマジック!
一体どんだけ詰められているんだ?
確認したところ出血は殆ど無し。
休んでいる間に卵子は3個取れたと報告を受けました。
せいぜい1個だと思い込んでいたので「3個も採れたんですか?」って聞いちゃいました。
その後は採卵の結果報告。
一つは18㎜以上、二つは18㎜以下ですが、3個とも成熟していて、月の年齢にしてはよく採れたしきれいなものなんだそうです。
写真を見せてもらいましたが、悪くない印象です。
凍結した以外に、今朝持ち込んだ夫の子分どもは前回よりもかなり良かったそうです。
一番最初の病院では「少なすぎてお話にならない」とボロクソ言われただけに、今回は量も正常な数値以上でした。数はやや少ないものの、やはり大幅に増えています。
数値というのは毎回ばらつきがあるものですが、毎回思わしくない状態だったので、これを聞けば夫も少しは安心するでしょう。
診察を待っている間に夫に結果報告しました。
これまでの合間合間に夫は月を気遣ってメールを送ってくれましたが、毎回優しさが見えるもので、月は本当に最高の旦那様を見つけたなぁと実感してしまいます。
会計が終わったのは午後1時近く。
長かった?。
とにかく恐怖の採卵が終わりホッとしました。
ホッとしたらお腹がすいたので、近場のロイホを探してランチしました。
今日は頑張ったから、ご褒美にデザートもつけちゃいました。おいしかった?。
帰宅して夫の顔見たら一安心。
この後、一緒に買い物へ出かけたのですが、右の下腹が攣れるように痛い。
そうだった。採卵の後ってしばらく痛いんだったっけ。
渡された薬はきちんと飲まなければいけませんね。

そういえば、今回の採卵も右。
排卵痛があるのはいつも右だけ。
数年前に卵管造影した時に詰まってはいないけど左側が癒着しているかもしれないと聞きましたが、わざわざお腹を開けて調べることでもなく、たとえ機能していなくても妊娠率はかわらないと言われました。
採卵に向けてホルモン剤を沢山使った時は左にもたくさん出来てそこからも採卵できましたが、もしかしたら左は正常に機能していないかもしれませんね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。