So-net無料ブログ作成

限界間近 [家族]

昨晩、月は爆発寸前までいってしまいました。
何が・・・というと。。。
夫の両親が勝手に部屋に出入りするんです。
しかも月の留守の間に。
結婚してからしばらくは「まさか他人も住んでいるしかもプライベートな場所には入らないだろう」と思っていましたが、その「まさか」が日常的だったことにかなり傷つきました。
まさかが確信に変わったのは、寝室のクローゼットに入っていた衣装ケースを出して勝手に衣替えされた事です。
この時のショックは今でも忘れられないほど強いものでした。
月は何でも行動が後になりがちで、部屋のゴミ出しなどはいつも先回りされてしまっていました。
自分がさっさとしてしまえば問題ないのですが、もう少し溜めてからと考えているところで必ず持ち出されます。
部屋に入られるのが嫌だから、廊下に(物を置くのは嫌ですが)わざわざダンボールを置き、そこへ溜めてから出すようにしているのに、それでも入られる。
昨日の朝もそうでした。部屋に置いておいたゴミ袋が消えていた。
夫の性格上、自らゴミ捨てをする事はまずありません。なぜなら結婚前は部屋にゴミ箱無かったし。
そうなんです。結婚した当初、この家にはゴミ箱が一つだけ。台所はダンボールで作ったものでした。
それがいけないのではなく、分別していなかったんです。
可燃不燃全部一緒。
ありえない。野田市にだって分別はきっちりあります。
ゴミ出しや掃除がきちんと出来ないのに、他人の部屋のゴミ出しは勝手にするってどういう事⁈
昨日は夕方まで外出だったので、出かける際に張り紙をしました。
「留守中は勝手に入らないようにお願いします。」
寝室と普段過ごす部屋にそれぞれ。
それが、帰宅したら剥がされて部屋のコタツの上に置かれていたんです。
もうびっくり。
入るなと注意書きしていたのに入る神経理解できません。
張り紙をしたのは、夫から両親に事あるごとに伝えてもらっていたにもかかわらず、昨日の朝も入られたという事実に気づき、これまでの積み重ねもあって言葉がきつくなり取り返しのつかない事態に陥る可能性が高かったから。
他人と自分の区別が出来ないのでしょう。
しかも、他人の事情を覗き見するのが好きだし。
悪気はないのでしょうが、それがなければ何をしてもいいという事ではありません。
更に、防犯意識が全くない両親。
昼間だってロックせず、二人で裏の畑に出る。すぐ裏だからという気持ちなんでしょうが、人が来ても気づかない。来た人が良心的な人とは限らない。
しかも呼び鈴だって聞こえていない方が多い。
空き巣に入られたってモンク言えないよ。
そういう事もあり、月はこの家には安心して住めていません。
昨日の事もあり、せめて寝室にだけは鍵付きのドアにしたいと考えていますが、これも勝手に合鍵を作られそうで怖いです。
このまま月が不安を飲み込み続けたら、もう少しは持つかもしれませんが、必ず爆発します。
だから、昨晩夫に話しました。
留守中勝手に出入りされる事がどれだけ嫌な事か、どれだけショックを受けたか、とにかく溜まりに溜まった気持ちを吐き出させてもらいました。途中から、自分を制御できず涙がボロボロ出てきてしまいました。
泣くのは卑怯だとはわかっていても止まらない。
だけど、月がどれだけ溜め込んできたかはわかってもらえました。
夫を困らせてしまいましたが、これからの二人の生活を守っていくためにはやはり話して今の気持ちを伝えたかったのです。
もちろん、両親だって月に対して思う事はたくさんあるでしょう。
ただ、安心して生活していくために守ってほしい事はたった二つです。
プライバシーは侵害しない事、防犯意識を高く持つこと。
それさえ守ってくれるなら、そうじが出来なくたって洗い物を綺麗に洗えなかったってきちんと安全な重ね方で片付けを出来なくたって、月はが作った料理を無駄にされたっていいんです!
でも、今朝も玄関の鍵は開いたまま。
初めて別居という言葉が浮かびました。
もしそうなったら、この家には二度とすみたくないなぁ。
清潔を保っている浴室や脱衣所はあっという間にカビだらけになるだろうし、きれいなキッチンの床は物置となり流しも床も掃除されずに真っ黒になるだろうから。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。