So-net無料ブログ作成

箱根へ行ってきた [旅行]

スーパーで「箱根バスツアー」の応募用紙をたくさんもらったので家族4人の名前で2枚ずつ応募してみたら当たってしまったので、4月21日に行ってきました。

前日は晴れ。

当日は曇りのち雨。

次の日はきっぱり晴れ!

月はやっぱり雨女になってしまったの・・・?

まぁ、それでも夫と一緒のお出かけでものすご~く楽しみにしていたので、雨でもOK。

朝はいつも通りの時間に起きて、電車も夫がいつも乗るのと同じ時刻。

ただし、夫はいつも下りだけど、この日は上り。

下りと違って上りはガラガラ。

1日だけでもそんな電車で良かったね、夫。

いつも行くスーパーは4つ目の駅。

実は結婚してから上りの電車に乗るのは2回目。

しかも、この駅で降りるのは初。

ちょっと新鮮だったりする。

バスはかなり順調に運行していたらしいけど、最初の休憩までに夫はだんだんつらくなってきた模様。

もぞもぞ始まった。

体が大きいから、狭い場所にじっとしているのは苦手。

だから、月は夫とデートで映画に行ったことは一度もないのさ。

このままでは箱根まで持たないかも。

途中で「電車で帰る」と言い出しかねない。

いや、もしかしたら健康のためと節約で歩いて帰ると言いだしかねない。

絶対「そんなことあるわけない」と断言できないと思ってしまうくらいの夫のムズムズっぷり。

なので、休憩場所についてから真っ先にガイドさんに空いている一番後ろの席に移動させてもらえるようにお願いしてみた。

快くOKでほっとした。

他の方も同じこと考えていた人がいて、「先越された~!」って残念がっていた。

でも、小柄な女性2人だからね。

月たちの元座っていた席と後ろの席でそれぞれ一人ずつ座ってたよ。

このバスツアー、どこぞの宝石店に寄るのがお決まりのようで、あんまり興味のない宝石を見たり試着したり。

もちろんきれいだなぁって思ったけど、こころ惹かれる子はいなかった。

なので、出口で売っていたドライトマトを一袋購入。

月はこっちの宝石がいい^^

それからカニ甲羅で食事。

ツアー用のメニュー。。。

多くは語るまい。。。

そして芦ノ湖遊覧船(別料金)は雨が降ってきたので、月たちはやめといた。

そのあとが箱根登山列車。

外国人たくさん!

いろんな国からきているんだね。

列車からの眺めはきれいだった。

雨が降っていたから緑が深くて、それを見られただけでも来てよかったと思う。

この後はお土産屋さんへ寄って、このツアーは終了。

なんだかあまり中身のないツアーだったかも。。。

でも、普段行かない場所へ行かれたから、それだけでも楽しかったな。

さて、今回の収穫は・・・

登山列車の前に寄ったお土産屋さんで購入した寄せ木細工のきれいな箱。

box.jpg

いつか見つけたら絶対買う!と決めていたんだけど、ようやく購入できました。

開ける手順があまり多すぎると覚えきれないし忘れてしまったら悲劇な可能性もあるので、10回で開けられるものを選びました。

毎度毎度思うけど、自然の色の張り合わせなんだよね。

本当にきれい。

それほど大きくなく、何を入れるかわからないこの箱に購入価値を見出せなかったらしい夫。

店では

「え~買うの?」

って顔をしてた。

自宅に戻って一人ニコニコ箱の開け方を探していた月に、夫がポツリと一言。

「そんなに喜ぶなら買ってあげればよかった」

だって。

この一言がなんだかやけにうれしかった月なのでした。

 

今回はあまり良い写真撮れなかったので、写真は箱だけね(^_-)-☆


 

 


子宝祈願へGO! おまけ [旅行]

旅館を出て、次に向かったのは熱海。

前々から旅行へ行くなら熱海で温泉[exclamation]

そして、熱海行くなら秘宝館にも行ってみたい[るんるん]

というのが月の希望でした[わーい(嬉しい顔)]

ずっとどんなんだか興味があったしね。

事前に調べた夫によると、どうやらロープウェイを使わなくては行かれない場所らしい(実際には車でも行かれたんだけどね)。

なので、前日に打ち出した割引券を握りしめてロープウェイのチケットを購入。

DSCN2549 (800x600).jpg

あやしげなレタリングが見えてきた[exclamation]

高台にあるので眺めは良かったです。

DSCN2550 (800x600).jpg

DSCN2551 (800x600).jpg

DSCN2553 (800x600).jpg

晴れていれば、もっと遠くまで見渡せたでしょうね。

さびれた施設のような感じはしたけど、結構若い人もたくさん来ていたよ。

若いカップル、若い男性の集団、取材記者の女性とか。

中に入ってみたら、笑うしかなかった[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

そして、思っていたよりも面白かった[るんるん]

若い女の子たちは「下品、下品」ってすっごくつまらなそうにまわっていたけど、それを見に来たわけなんだし、せっかくなら楽しめばいいのになぁと思った月でした。

そんな月も、若い時に来ていたら恐らく同じ態度とっていたでしょうね(#^.^#)

年を取るってこういうことかしら?

散々笑った笑った[わーい(嬉しい顔)]

さて、帰ろう[車(セダン)]

DSCN2555 (800x600).jpg

降りるぞ~。

ありがとう秘宝館[exclamation]

おもしろかったぞ[exclamation×2]

あ、お小遣いをくださった義両親にイノシシ最中以外あ、まだお土産買えていないぞ[あせあせ(飛び散る汗)]

ところが帰り道、行けども行けどもお土産を買えそうな場所がさっぱり見当たらない[もうやだ~(悲しい顔)]

ああああぁあぁぁあぁ~、高速入っちゃったよ[がく~(落胆した顔)]

ということで、海老名SAへ立ち寄り、かまぼこだのわさびだのをたんまり購入しました。

とりあえず、静岡のものが手に入って一安心[晴れ]

そして、ここからは月が夫に代わって運転だー[exclamation×2]

しかししかししかし[exclamation×2]

首都高の道順は頭に叩き込んでいなので、ナビの案内ではちょっと遅いこともある[がく~(落胆した顔)]

そして、月は滅多に首都高を走らない。

おいこら、夫[exclamation]寝ないでくれ[exclamation×2]

あれれ?このままだと降りちゃうぞ[あせあせ(飛び散る汗)]いいの[exclamation&question]

ナビの通りなのに~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

夫をたたき起こして確認したら、間違ってる[exclamation]

寸でのところで車線変更間に合った[ダッシュ(走り出すさま)]

まぁ、間違っておりたとしても何とかなるんですけどね。

そんなわけで、無事に帰宅できました。

滅多に行かれない夫と2人きりの旅行(しかも1泊2日)、お天気は残念ながr主に雨[雨]だったけど、それでもとても楽しい旅行でした。

また絶対に行こうね、夫[黒ハート]

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その6 [旅行]

翌日の朝イチでまた貸切風呂[いい気分(温泉)]

長い廊下を曲がって曲がって

DSCN2507 (800x600).jpg

DSCN2508 (800x600).jpg

ここが入口。

DSCN2509 (800x600).jpg

貸切風呂

DSCN2512 (800x600).jpg

やっぱり雨[雨]だったので、傘をさして入りました。

2人で入っても余裕余裕。

もうひとつの貸切風呂は、お隣(もちろん別のお部屋ですよ)。

DSCN2514 (800x600).jpg

二人で並んで入ると身動きとるのは大変なくらいの大きさ。

この温泉、本当に体が温まる。

出たあとも、ずっと体がポカポカしてたよ。

この後は、少しだけ館内で休憩。

DSCN2504 (800x600).jpg

DSCN2505 (800x600).jpg

誰かさんが新聞読んでる[わーい(嬉しい顔)]

DSCN2518 (800x600).jpg

DSCN2519 (800x600).jpg

岡本太郎さんの作品

DSCN2520 (600x800).jpg

お風呂の入り口に置かれていた太郎さんが書かれたお風呂の説明書き

DSCN2521 (800x600).jpg

同じデザインのタオルが部屋に置いてありました。

300円で売っていたので、置いたままにはせず持ち帰りました[わーい(嬉しい顔)]

さて、この後は朝ごはん。

今度は間違いなく下座に着席[exclamation]

DSCN2522 (800x600).jpg

「すいとん」の入った鍋

DSCN2523 (800x600).jpg

DSCN2524 (800x600).jpg

DSCN2525 (800x600).jpg

DSCN2527 (800x600).jpg

朝からこんなに食べるなんてありえない[exclamation]

と思ったんだけど、意外にも食べられちゃった。

お風呂に入ってワンクッションおいたから?

DSCN2528 (800x600).jpg

きっちり全部いただきました。

ごちそうさま。

チェックアウトの前にも館内の何か所か撮影してみました。

DSCN2529 (800x600).jpg

DSCN2536 (800x600).jpg

前日の夕方に貸切にしてもらえたお風呂。

ロビーと本館を結ぶ通路は川の上でした。

DSCN2538 (800x600).jpg

DSCN2539 (800x600).jpg

前の晩は、ものすごい雨の音なのかと思っていたけど、この川の音だったんだね。

DSCN2540 (800x600).jpg

DSCN2542 (800x600).jpg

DSCN2543 (800x600).jpg

ロビー。

館内が異様に暗かったり、全体的に古臭い匂いがしていたり(エレベーターが茨城のパチンコ店臭い:夫談)、仲居さんたちの対応がちょっとアレだったりと、思うところは結構あったりしたけど、料金もお安い時期(この直後から倍になってた)だったし全体的には良かったと思います。

帰り際には子宝の飴を手渡されました。

「お礼参りにまた来てくださいね」

その気持ちとてもうれしかった[るんるん]

また絶対に来るんだ[exclamation×2]

なんかいいことありそうな気がするというか確信できちゃうような1泊2日の旅行でした。

さぁ、次は怪しげな秘宝館だぞー[exclamation×2]

その前に、前日から気になっていたイノシシ最中の購入だ[るんるん]

DSCN2544 (800x600).jpg

願い事をしながらこのイノシシちゃんの鼻を撫でると叶うそうです。

もちろん月も夫もなでなでしたよ[黒ハート]

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その5 [旅行]

夫と2人の楽しい食事後は、またお風呂[いい気分(温泉)]

2種類の貸切風呂に入ったの。

お風呂があるのは5階と2階。

でも、お風呂が見つからない[あせあせ(飛び散る汗)]

エレベーターの案内では4階あるように見える案内図。

夫とあちこちウロウロウロウロ。

この旅館、節電のせいか、建物全体がものすごく暗い。。。

どうにも見つからないので、フロントに行ってみたら、なんと真っ暗[exclamation×2]

「ベルを鳴らしても誰も来ない」って口コミにはあったよね。。。

鳴らしてみたら、やっぱり誰も来ない[むかっ(怒り)]

・・・と思ったら、別の方向から仲居さんがやってきた[exclamation]

聞いてみたら、やっぱりお風呂は5F。

場所が入り組んだ先にあったので、気づかなかったのね。

めでたく発見できました[わーい(嬉しい顔)][ダッシュ(走り出すさま)]

「露天なので傘を使ってくださいね」と聞かされていたんだけど、まさかお風呂の上に屋根がないってことは無いだろうと思っていたら、雨がザーザー[雨]

脱衣所の処だけ屋根がある。

あ、傘が置いてあった[exclamation]

最初に入ったのは桶型のお風呂。

夫と仲良く相合傘で入ったよ[黒ハート]

足はまっすぐ伸ばせるし、深さも十分あったから、とっても温まれた。

ゆっくり入った後、次は隣にある貸切風呂。

こちらは2人で入れるギリギリサイズ。

やっぱり相合傘[黒ハート]

傘をさしてお風呂に入るなんて変だけど、滅多にできない経験だし、これはこれで楽しかった[るんるん]

そして、せっかくだから全種類のお風呂にも入ろう[exclamation]

で、次は4Fの女性風呂2種類に入りました。

ここでは先客2名。

お二人とも、やはり子宝祈願へいらしたそうです。

そして、きっかけはやはり「マツコの知らない世界」でした。

マツコさん、すげー[exclamation×2]

月が入ってから少しして、2人ともあがってしまったので、貸し切り状態[晴れ]

子宝を希望する人にはお風呂の入り方があって、10分入ってから10分休憩を3回くりかえさなければいけないそうです。

ここの温泉は妊娠しやすいphで、そのph数は日本で唯一ここだけなんですって。

もちろん月も実行。

でも、このお風呂の中には時計がない[exclamation]

なので、誰もいないことだし、歌をうたって大体の時間を計測してみました。

もう死にそう。。。

温度は高めなので、のぼせそうでした。

そして、深夜0時に女性風呂と男性風呂が入れ替わったので、今度は2Fのお風呂へ入ってみた。

時間が時間なだけに、さすがに誰もいない。

ここも貸し切りで、やったね[exclamation]

こちらは岡本太郎さんデザインのお風呂で、4Fのお風呂よりも小さめの感じ。

しかも、ひとつは掃除の直後でお湯をためている最中。

溜まるまで2時間だって[exclamation]

半分くらいまでは溜まっているから、まずはもうひとつのお風呂に入って待っていたんだけど、お湯はやっぱり熱い[exclamation]

短時間の出たり入ったりの繰り返しで、もう我慢できないと思い、もうひとつのお風呂に入ってみたよ。

う~ん、普通。。。

平日のせいかお客さんも少ないし、館内も暗いの、さすがに月もちょっと怖い。

だから、早々に部屋に戻っちゃった。

変わった体験ができて、楽しい一日でした[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その4 [旅行]

ご祈祷が終わった後は、宿に戻ってお風呂[いい気分(温泉)]

通常は日付が変わるまでは男性風呂だけど、特別に貸し切りにしてもらえました。

DSCN2536 (800x600).jpg

夫以外はだーれもいない[わーい(嬉しい顔)]

夫と一緒に入れることはめったにないから月はおおはしゃぎ(*^-^*)

広かったのでバタ足して遊んじゃったよ。

自宅のお風呂は狭いからね。

こんな風に大きなお風呂はものすごくうれしい[るんるん]

普段は、旅行に行ってもお風呂は当たり前だけど別々だから、今回は絶対に貸切風呂があるところにしたかったんだ。

ものすごく温まったよ。

お風呂の後は楽しいお食事[レストラン]

案内された場所は長い廊下を右行って左行ってまっすぐ進んでさらに曲がってと、結構遠い場所。

黒沢監督が50日滞在されたと女将から聞かされたんだけど、その写真が途中に飾られていました。

DSCN2474 (800x600).jpg

DSCN2473 (800x600).jpg

 通された部屋はここ。

DSCN2475 (800x600).jpg

入って迷わず手前側の椅子に座ったんだけど、仲居さんが「そちらに床の間がございます」と言う。

あぁ、上座ね。

夫を立てろと言う事だよね。

月ってばかなり図々しい人間だから、無意識に上座をに座る癖がついちゃっているんだよね。

いかんいかん、こういう時くらいは気を付けなければ[あせあせ(飛び散る汗)]

DSCN2490 (600x800).jpg DSCN2491 (800x600).jpg

お椀のお飾り[るんるん]

お食事のボリュームは相当なものだったよ。

DSCN2476 (800x600).jpg

左側のゴマ豆腐はここの手作りだそう。

DSCN2477 (800x600).jpg

DSCN2478 (800x600).jpg

DSCN2482 (800x600).jpg

梅酒はここで採れた梅だそうです。

DSCN2484 (800x600).jpg

DSCN2486 (800x600).jpg

薄味で上品なお味でした。

DSCN2488 (800x600).jpg

その場でホイル焼き。

DSCN2489 (800x600).jpg

うっかり撮影忘れて食べちゃった後[あせあせ(飛び散る汗)]

エビやシラス、白菜の鍋でした。

DSCN2493 (800x600).jpg

これもお豆腐。

DSCN2494 (800x600).jpg

その場で炊いた鮭ご飯。

DSCN2497 (800x600).jpg

食べ終わった後に、お櫃のご飯を投入[exclamation]

DSCN2498 (800x600).jpg

これも食べてしまったあと[あせあせ(飛び散る汗)]

女将からのプレゼントの金目鯛、おいしくいただきました。

つい数日前にサカナくんが「キンメは白身魚だけど、胸鰭のところだけ赤身」とTVで言っていたのを覚えていて、確認したら本当にそうだった。

赤身の部分はほんの少量だけど、おいしかったよ[るんるん]

DSCN2501 (800x600).jpg

食後のデザート[晴れ]

そして、食べきれなかった白ご飯と鮭ご飯はおにぎりに。

DSCN2503 (800x600).jpg

いびつではありますが、翌日のおやつに。。。

いやいや、とにかく量が多くてものすごく満腹になっちゃったよ。

そして、とってもおいしかった[晴れ]

食事の最中に女将がやってきて、本日ご祈祷を受けられた方は本当にラッキーだったと聞かされました。

どうやら、マツコさんの放送後、希望者が殺到して、旅館でもなかなかご祈祷の予約を入れられなくなってしまい、お寺からは予約を断られることがほとんどなんだそうです。

自分で予約の電話をしてよかった。。。

ところで、ここの女将、ポリープ[exclamation&question]

声がカスカスで、実は聞き取りにくかった。

椿鬼奴よりもすごかったよ~。

ご病気であるならどうぞお大事に。。。

 

 

 

 

 

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その3 [旅行]

浄蓮の滝のあとはチェックイン。

DSCN2471 (800x591).jpg

駐車場がよくわからなかったので、フロントで聞こうと中に入ったら、先客がいました。

でも、仲居さんは全然いない。

口コミの一部では、どんだけフロントのベルを鳴らしても全然来ないと書いあったけど、本当か?

勢いよく

チーン[るんるん]

と鳴らしてみた。

誰も来ない。。。

もう一回[exclamation]

チーン[るんるん][るんるん]

誰も来ない。。。

やけになって

チンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチンチーン[exclamation×2]

やっぱり来ない[むかっ(怒り)]

ついつい言っちゃったよ。

「ダメじゃん[どんっ(衝撃)][exclamation]

先客に聞いてみたら、やはり宿の人にひと声かけて駐車場の確認を取るのが正しいらしいとのこと。

ん~、困ったな。。。

夫が玄関先に車を停めて待っているので、報告がてら「やっぱ誰も出てこないよ。口コミの通りかも。もういいじゃん、この先に駐車場あるみたいだし。停めちゃおうよ」と話していたら、担当者が出てきたよ。

時間は14時半。

まさかきっかり14時半にならないと対応しないってか[exclamation&question]

5分前では対応しない[exclamation&question]

なんか、なんかなんか、なんかねー[exclamation]

とりあえずチェックインして部屋に入ったら、結構きれい。

虫もいないね[わーい(嬉しい顔)][ダッシュ(走り出すさま)]

DSCN2463 (800x600).jpg

DSCN2465 (800x600).jpg

隣は

DSCN2461 (800x600).jpg

二間続きの部屋でした。

ひととおりチェックしてみたけど、どうやら心配していたこぶし大のクモやでかいムカデがどこかに隠れているということは無かったよ。

よかった~o(T^T)

お茶を飲んだり畳でコロコロしてたら、ご祈祷の時間も近くなり、夫とお出かけ[黒ハート]

玄関出たら、何と、まだ車がそのまま(゜レ゜)

しかもロックもされていない(´Д⊂ヽ

をいをいをいをいをいっ[むかっ(怒り)][exclamation]

一体どこまでグダグダなんだ[exclamation&question]

さすがにアンロックで放置は困るので、すぐさま移動もしくはロックしてもらうように依頼しました。

歩いて3分、指示の通りに歩いたのに、入った場所は民家(爆)

夫と二人でおかしいおかしいとウロウロしていたら、その家の人が、お寺はこの坂を下りて左手に上がった場所だと教えてくれました。

迷いようがないのに迷った月と夫って。。。

と思ったら、間違える人は多いみたい。

場所案内の看板をもう一か所に置いてくれれば間違えないのにね。

宿のすぐ裏側がお寺ということもあったけど、少しだけ早めに出て良かったよ。

間に合いました\(^o^)/

ご祈祷は月たちのほかに2組。

一組は東京から。

もう一組は、何と広島からいらしていました。

きっと月たちと気持ちは同じ。

すがる思いだったと思う。

ご祈祷は30分ほどで終了。

それぞれ、女性側の名前が入ったお守りと小さな着物をいただきました。

めでたく子供が生まれた暁には、新しい着物を縫って、お礼参りで再び参拝するようにとの事です。

早く来られるといいな。

みんな授かるといいね。

DSCN2467 (800x600).jpg

 

DSCN2468 (600x800).jpg 

DSCN2470 (800x600).jpg

またここへ来られますように。。。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その2 [旅行]

天気予報では1週間前は曇り、それがだんだん雲行きが怪しい予報。

前日には[雨]に変わっていた・・・[バッド(下向き矢印)]

でも夫と一緒の楽しい旅行。

[晴れ]なら楽しい[るんるん]

雨でも楽しい[るんるん][るんるん]

今回は首都高も割と順調順調[車(セダン)]

見えるとついつい[カメラ]してしまうのは

DSCN2421 (800x600).jpg

スカイツリー[ぴかぴか(新しい)]

そして、地味ではありますが、やはりこの前を通ると写真を撮りたくなってしまうのはこの建物。

DSCN2426 (800x600).jpg

DSCN2427 (800x600).jpg

月が20代半ばから数年働いていた場所です。

今はもうない事務室だけど、8Fで働いていたんだよなぁ。

当時はもっともっと汚い、地震が起きたらヤバイような外見だったんだよ(*^皿^*)

増税前に、昨年12月に軽を購入したんだけど(当時乗っていた普通車は17年も乗っていて、税金がべらぼうに高くなるしね。走行距離は231422kmだったんだよ)、この日めでたく10000km走行突破したんだよ[exclamation]

DSCN2428 (800x600).jpg

カメラの準備でモタモタしていたら、あっという間に10001になってしまった[もうやだ~(悲しい顔)]

途中蛯名SAに寄りおやつを食べ、たくさんガチャが並んでいる場所を通った時に見つけてしまった[exclamation]

DSCN2437 (800x600).jpg

「ここはオレが食い止める」の次に出た

「ここはオレが食い止めた。お前は幸せになるニャ」

前からずっとずっと探していたから、どうしても素通りできず、光よりも早く取り出した200円でガチャってしまった[晴れ]

「オレはこの200円のために働いているのか・・・」

夫のひとこと。

ありがとう、夫[黒ハート]

あなたのおかげで手に入れられました[キスマーク]

少しの休憩の後、出発し、今度は沼津で降りた。

降りたところで見えた景色が、山がポコポコしていて、何だか龍の背中みたいで感動。

つい[カメラ]したんだけど、うまく撮れてないなぁ。。。

DSCN2440 (800x600) (2).jpg

沼津で降りた目的はこれ[exclamation]

DSCN2448 (800x600).jpg

事前に夫が調べてくれたかき揚げ丼だよ。

これと海鮮丼ね。

DSCN2445 (800x600).jpg

お店のお姉さんが商売上手で、ついついサンマのにぎりも注文。

DSCN2447 (800x600).jpg

月が食い散らかした後(といっても両方とも少量だけどね)、残りを夫が平らげた。

よく入ったものだと感心、感心[わーい(嬉しい顔)]

見かけた剥製。

夫がトイレに入っている間に手を合わせてお願いごとしました。

DSCN2443 (800x600).jpg

目的地まではかなり順調に進み、宿のチェックインは14時半。

う~ん、あと1時間以上ある。

で、行ってきました[exclamation]

DSCN2451 (600x800).jpg

浄蓮の滝[るんるん]

いやぁ~、ここまで降りるのに結構階段降りたよ。

駐車場まで戻るの辛そうだなぁ。。。

おまけに雨も降ってきた[雨]

でもね、ここの前に来たら、空気がとっても清浄で水もきれいで、心身ともにスッキリ[exclamation]

「天城越え」歌ってやりましたとも[るんるん]

雨のせいか、人はまばら。

アユ釣りをしている人もいなくて、のんびりとした時間を過ごせたよ。

さて、もうすぐチェックインの時間。

階段をあがらなきゃいけないのね。

さぁ、がんばれ月(と夫)[exclamation]


 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子宝祈願へGO!その1 [旅行]

お久しぶりです。

不妊治療の失敗からもうすぐ2か月。。。

夫の支えと周囲の励ましのおかげで、何とか自分を立て直しました。

ありがとう[わーい(嬉しい顔)]

今後、治療を続けるかはもう少しだけ保留にしておいて、次に月と夫が出来ることは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神頼み[るんるん]

月の体調に合わせて、9月中旬に夫が遅い夏休みをとってくれました。

以前から、温泉行くなら

「熱海だよ[exclamation]なんてったって、あの妖しいレタリングの『秘宝館』もあるしね(^皿^)」

と、「今度の旅行は温泉と秘宝館[黒ハート]」って自己主張していた月。

行ってみたかったんだよ、秘宝館。

だって面白そうじゃん?

ということで、9月最初の週末に宿の予約を取ったのさ。

食事は部屋でとか、絶対貸し切り温泉があるところがいいなど、散々大騒ぎして悩んで決めて予約したんだけどね。。。

宿を予約した直後、自宅で録画しておいた「マツコの知らない世界」で紹介された子授けのお寺を観てしまい、場所はちょうど伊豆だし、ここにも行って祈願してもらおう[exclamation]と決めた月。

よくわからない主張をする月に、夫は夫なりに解釈していろいろと調べてくれた模様、ありがたや。

その結果わかったことは、ちょっと行って拝んでもらうだけではダメで、一泊しないといけないらしい。

幸いそのお寺のすぐ近くに旅館があり、パンフレットにも載っている\(^o^)/

夫はちょっとうんざりしたような顔(に見えただけで実は違う)していたので

「ごめんね、わがままで」

って、ものすご~く謙遜していったつもりだったのに、その返事は

「そんなのいつものことで慣れてる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁあぁぁ~[exclamation&question]

月はわがままじゃないぞ。

それとも無意識に夫に対して「あまえた」になってる?

まぁ、いいと言ってくれたんだし、そこんとこは流しておこう。

で、さっそく次の日に予約変更に行ってきた。

担当してくれたのは、最初と別の人で何となくホッとしたけど、帰り際に気づかれてしまった。

「どーしても行きたいところがあって、それが一泊しなくちゃいけないところだったんですぅ~[あせあせ(飛び散る汗)]せっかく予約してもらったのにすみません。。。」

って言っちゃいました。

笑ってたけどね。

だって、散々わがまま&主張して時間もものすご~くかけて決め、しかも料理に特別にアワビも付けてもらったのに、あっさり次の日に変更だなんて・・・ね。

もちろんお寺にもすぐ電話。

受付では一瞬困ったような声で「確認してきますね」。

もしかして、もう受けられない・・・[がく~(落胆した顔)]

と思ったら、大丈夫だった[晴れ]

よし、これでOKだー[exclamation×2]

それから夫が予約した宿について、昼休みにいろいろと調べたらしく、口コミのURLを月のアドレスに送ってきた。

どうやら賛否両論で、悪い評価もかなりあったらしい。

「読むのは自己責任です」

との夫の注意書き。

そんなん、URLを貼り付けてあれば見ちゃうじゃん~。

で、読んでみた。

うおぉおぉぉぉ~、これはまずいかも。

一泊しないで帰ってきちゃったの?

なんで?どーして?

その理由がすごかった。

でも、以前の話であれば改善されているかもね、と思ったら、このカップルも「マツコ」を観て早速行ったらしい。

ということは、月たちが予約した直前の事だよ[がく~(落胆した顔)]

浮かれまくった気分は一気に撃沈[バッド(下向き矢印)]

でも、良い評価もあるんだよね。

もしかしたら、大丈夫かも。

それでも、最悪の状態を想定して行けば、ましに思えるかもしれない。

と、自分を奮い立たせたのさ[わーい(嬉しい顔)]

何はともあれ、16,17日は久々の夫と二人きりの一泊旅行だー[るんるん]

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。